未治療FTMの生理事情を書いちゃうぞ

こんにちは。
今日は僕が普段全く触れない話題。

僕は完全な未治療FTMなので、月に1回生理がきます。
どんな感じなのか、どんな風に過ごしているのかを書いてみます。

たぶん生理は重め。誰にも言わないけど。

たぶん、生理重めです。
学生時代はロキソニンを飲んでも痛くて痛くて、ベッドでのたうち回っていました。

最近は、化学ナプキンをやめたこともあって少しマシ。
よく湯船に浸かり、タイレノールを飲み、ギリギリ「痛い」とか言わないくらい。

他人には誰にも言いません。
親も、パートナーがいてもパートナーにも言いません。
自分のことを女性だと思っている友達にも、男性だと思っている友達にも。

自分の女性性部分に意識が向けられるのが嫌で。

よく独り言を言うので、
気が緩んでいるときにあんまり痛いと「いっっっった…」と独り言を言いそうになりますが、
「痛い…頭痛い…頭痛薬飲も…」とかごまかしてタイレノールを飲んだりしています。

化学ナプキンから月経カップに変えてから、痛みは減り、匂いも激減した

ここ5年くらい、化学ナプキンを使うのをやめて、月経カップを使っています。

月経カップはとても良いです。

まず、冷えない。冷えないので、生理痛が少ない。
僕は化学ナプキンを使っていたら、未だにロキソニンを飲んでのたうち回っていたと思います。

化学ナプキンの「経皮毒」とかいうのはたぶん嘘ですが、
「高分子ポリマーが水分を吸収するときに熱を奪うので、経血を吸うときに同時に熱が奪われ、腹が冷える」は事実だと思います。

その証拠に、未だにたまに化学ナプキンを使うとお腹が痛くなりますし、
高分子ポリマーを使っていないナプキンや布ナプキンを使うとそんなに痛くありません。

また、経血を吸った生理ナプキンの独特の匂いも、月経カップならあまり感じません。
月経カップを風呂やトイレで洗うときも、少し違う匂いがします。

月経カップは、タンポンよりもトキシックショック症候群になりにくいという話も。
(月経カップでもトキシックショック症候群になる危険性は勿論あります。)

あと、蒸れません。非常に快適。

持ち歩くのはソフィーのコンパクトスーパーのみ

普段は、ソフィーのコンパクトスーパー(タンポン)を持ち歩いています。
これがあれば急に生理がきても1日もちます。(僕は)

家に帰ったら、月経カップに切り替えます。
月経カップは昼間丸一日赤いものが出なくなるまで使い、洗って仕舞います。

旅行に行くときは、月経カップも持っていきます。

コンパクトタンポンは生理ナプキンよりも小さくてかさばりません。生理用品を持ち歩いている実感も少なくてGoodです。

 

以上、未治療FTMの生理事情の一例でした。

ひさびさにナプキンとかタンポンとか書いていたら、ちょっとしょんぼりしてきたので、お昼ご飯に美味しいものでも食べようと思います!