数学やるのに、セーラーのプロフェッショナルギアスリムのMとセーラー黒インクが最高

ノートに計算をしながら数論1を読んだときのノート
こんにちは、かおるん( @kahoblg ) です。

最近、趣味で数学を始めたのですが、相棒の万年筆とセーラーの黒インクが、数学やるのに最高の組み合わせだという話。
参照▶ まずは数学やってみました。 -趣味数学屋はじめました

セーラーのプロフェッショナルギアスリムの中字の太さがGood!

まず、セーラーのプロフェッショナルギアスリム(以下プロギアスリム)の中字。

これが、B罫のノートに数式を書くのにぴったりの太さです。

これより太いと、ルートの中の○乗なんかが潰れてしまうと思います。
セーラーの中字なら、こんな感じ。

▼分数も、ルート記号の中の2乗や3乗も書けます。
数論1を読みながら計算したノート

これより細くなると読みづらくなりますが、細くも太くもなく、本当にちょうどよい太さなのです。

セーラーの黒インクの色合いがGood!

以前、日本橋高島屋のセーラー担当のntさんに「多くの黒インクは青みがかっているが、セーラーのものは緑がかっている」と伺いました。

それが理由かわかりませんが、他社の黒インクを使ってもあまり魅力に感じませんでしたが、このインクは別です。

書きつけていくのが、本当に気持ちがよいのです。

ボールペンとは違う、ほのかな濃淡の味がGood!

濃淡が分かりづらく思える黒インクですが、ほんのり、ボールペンやサインペンとは違った味わいがあります。

よく見てみると、ほんのわずかですが、太さの差や濃淡があります。

▼ほんのわずかに、太さの差や濃淡がある
プロフェッショナルギアスリムで書いた数式。濃淡が見える。

これが、全体を見たときの良い味わいを生んでいます。

サリサリした軽やかな書き心地と音がGood!

セーラーの万年筆は、なんだか書き心地がサリサリしています。
そして、少しサリサリした音がします。

これが、数式を書いていくときによいBGMになります。

サリサリは手に伝わってくるので、このサリサリを感じながら書くのもまた心地よいのです。

ピカチュウみたいなフォルムと色合いがGood!

まことに個人的な事情ですが、ぼくはピカチュウが好きなのです。

そして、このピカチュウっぽいフォルムをご覧ください。

セーラーの万年筆は金メッキが黄色いのも特徴。(セーラーの金メッキは24金メッキだからだそうです。この黄色は、本来の金の色なのだとか。)
これもピカチュウみに拍車をかけています。

▼お耳。
プロフェッショナルギアスリムの尻軸はピカチュウの耳に見える

数学をやる楽しみが、万年筆によってより豊かになっています。
万年筆最高~