タスク管理と出会う前の酷さを記す -タスク管理を0から、否マイナスから。

遅刻と無くし物の天才。
ADHD、ウェルスダイナミクスではクリエイター。(※クリエイターが皆ADHDなわけではない)

予定は把握できないので人に代わりに覚えてもらう、遅刻の言い訳のレパートリーだけは多い。

「どうしてこんなになるまで放っておいたのか」な私がタスク管理と出会っていくドキュメンタリー。

外出時を例に、以前の酷さを記す

タスク管理を知らなかった私が最も苦手だったのが、「時間通りに家を出ること」でした。

家を出るべき時刻の30分前

そろそろ出かける時間だなと思いながら読書。

ちなみに、パジャマ+髪ボサ+ノーメイク+持ち物揃えてない。

あと30分しかないけど、準備は25分くらいで出来る気がするし、本がいいところ。読み終わってから支度しよう~。

家を出るべき時刻の20分前

本を読み終わる。予定より長くかかっちゃったー。

さて着替えよう。何着ようかな~そういえば今日何度なんだろ。LINEお天気見ようっと~おっと友達からLINE来てる。返信しちゃおう。

家を出るべき時刻の15分前

返信したLINEに既読がすぐついて、そのまま何往復かやりとり。

そろそろ着るもの決めなくちゃ~。
(このあたりから時計を見るのが怖いのであまり見なくなる)

クローゼットから服を出して着てみる。イマイチなので脱ぎ捨てて別の服を出してまた着るなどする。

家を出るべき時刻の10分前(怖いので時計は見ていない)

時計を見ていないため、具体的な時間は分からないが「そろそろ出かけなきゃ」という気持ちだけはある。
「どれくらい急ぐべきか」とかは全く分からない。

なんとなく、「あと5分で着替えてあと5分でメイクとかしたらイケそう」と思っている。

家を出るべき時刻の5分前

着替えて鏡の前へ。

想像より肌荒れしていて焦る。

ニキビを隠すやつ(コンシーラー)が昨日出かけたときに持って行ったポーチに入っているのを思い出す。
昨日出かけたときのバッグは……、あっ玄関に置きっぱなしだ!
コンシーラーを持って鏡の前に戻る。

メイクがうまく乗らない。とりあえず眉毛描こう(焦っているのでうまく描けない)

家を出るべき時刻ちょうど

メイク終わった! さて鞄を持って出かけるぞ! 今日はどの鞄で行けばいいんだっけ。

空き時間があるからPC持っていこう! ということはリュックに入らないから…

急がなきゃ! やばいやばい!

家を出るべき時刻の3分後

荷物はこれでいいや! とりあえずもう家を出なきゃ!

靴をはいて、あれっ鍵どこいった?! 鍵がないと家を出られない!

(鞄を2つ開けて荷物を全て出すが、見つからない。机の上にもない。あっちこっち探した挙句、ベッドの布団の下から見つかる。10分遅れで家を出る。)

どうしてこんなになるまで放っておいたのか

諦めていたからです。
一生、計画的な行動はできなくてもいい、と思っていました。

苦手だということは分かっていたし、私は他のことに適性があると思っていたからです。

予定も何かの締め切りも、他人に頼りきっていました。

次回予告

こんな状態の私がタスク管理に手を出してしまう…?!

 

タスクシュートクラウドを使ってみるならこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA