ストラテラ(ADHD薬)服用してそろそろ3年。副作用ドライマウスの話

ADHDが判明してから約3年、2016年の4月からストラテラの服用を始めました。
それからほぼ変わらず、毎朝40mg×3錠の服用を続けてきました。

副作用には入眠障害・便秘・ドライマウス・発汗などがあります。

その中でも今日はドライマウスによる弊害とその対策を書きます。

ドライマウス以外の副作用と対策を書いた記事(ドライマウスの対策については内容が一部重複しています)
>> ADHD薬ストラテラを3年飲んで実際に感じる副作用いろいろ!

口内環境がすこぶる悪くなる

虫歯がとても増えました。25歳くらいまで虫歯は2本くらいでしたが、そのあと3年で10本ちかくが虫歯になりました。
唾液はミュータンス菌の繁殖を抑える効果があるためです。

歯を普通に磨いているのに、年3回の検診のたびに虫歯があると言われます。

これは、食後のキシリトールガムやフッ素入り歯磨き粉で対策しています。

キシリトールガムは、「甘味料として100%キシリトール使用」のものがおすすめ。

キシリトールを定期的に摂り続けると、口の中のミュータンス菌が弱体化されるそうです。

食事が以前より楽しめなくなり飲み込むゲームに

唾液が少なくなると、咀嚼が下手になります。噛むときの効率が下がるからです。

すると、他の人よりも飲み込むのに時間がかかり、食事の時間も周りより遅れます。

健康の本やダイエット本で「よく味わって」と言われますが、唾液がないと味覚もぼやけます。

食べ物を舌に乗せて味を感じようとしても、イマイチ感じられないのです。

白米はもっと甘かった気がします。

人に遅れないようにと、「飲み込める大きさまで噛んで、あとは飲み込む」みたいな食べ方になります。

食前に唾液腺マッサージをすると改善されるらしいので、目下とりくんでいます。

口臭が気になる

口の中が乾燥すると、雑菌が繁殖しやすくなります。

そのため、口臭が気になるようになりました。

歯ブラシだけではなく、フロス(小林製薬の糸ようじが便利)や舌苔を掃除したり、こまめに口に水を含むようにしています。

口の中をやたら噛む。それが口内炎になる。

ドライマウスでなくても、口の中を噛んだことがある人は多いと思います。

口の中を噛むと、痛いだけでなく、とても悲しい気持ちになります。

ドライマウスになってから、口の中を噛む頻度が増えました。

昨日は1日で5回以上噛んだので、泣きたかったです。

これも、食前の唾液腺マッサージや、スープなど水分の多いものを食べることでマシになります

多少しゃべりにくい

口の中がペタペタくっつくので(とくに口の内側と歯がくっつく)話しにくいです。

それでもストラテラを飲み続ける理由

できないことができるようになるからです。

朝起きて、人との待ち合わせの時間に(多少遅刻しても)行くことができて、夜に寝れるようになるからです。

偏見や捉われではなく、自分にとって「生きる」とはそういうことだからです。

自分にオーケーを出せるからです。

「自分にオーケーを出せる」より大切なことって、そうそうありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA