かほブログ。で脱毛サロンのレビューを書くのは「ADHDにおすすめだから」

今まで何本か、脱毛サロンについての記事を書いてきました。

今日は、ADHDのぼくがどうして脱毛サロンのレビュー記事を書いているかをお伝えします。

ADHDは「定期的にするタスク」が苦手=永久脱毛がおすすめ

ADHDは、Wikipediaの注意欠陥・多動性障害のページが詳しいですが、一言でいうと「脳のつくりが他の人と違うために、『じっとしていられない』『時間管理が下手』『人との約束を守れない』等の困り感がある」人のことです。

ぼくのこのADHDです。

ADHDは、体毛を定期的に自分で処理することが苦手です。これを頑張ってこなすと、他の人より多く精神力を使うことになります。
しかし、掃除、洗濯など、定期的にしなければならないことは他にもあるので、「サロン脱毛で半永久的に毛の処理をしなくて済む」なら、ぜひおすすめしたいのです。

しかし、以下に書く通り、ADHDにとって「サロン脱毛・医療脱毛」は良いことばかりではありません。

ADHDは脱毛サロンによくある「月額支払い」が苦手

ADHDは月額支払いが苦手です。

ぼく自身もADHDと診断される前に、何度か「クレジットカードが引き落とせませんでした」を発生させてしまったことがあります。
ADHDがわかってからは、親や家族などの信頼できる人に、管理をお願いしています。
(請求額を確認してもらい、引き落とし日に口座の残高が足りているか確認してもらい、無事引き落とされたことを確認してもらう)

また、非常に飽きっぽいため、月額支払い(サブスクリプション)を契約しても、数か月で使わなくなってしまうことがあります。
退会手続きが苦手なので、「解約しなきゃなあ」と思いつつ、手続きに何か月もかかってしまうこともあります。

そのため、最近では、そもそも月額支払いのものは契約しないようにしています。

ADHDは脱毛サロンによくある「予約時間に行く」が苦手

さらに、ADHDは「予約を取った時間にサロンに行く」のも苦手です。

まず、時間の見積もりが下手です。「出かける準備は10分かかるから、出かける10分前から支度をしよう」と思っていても、他のことに集中してしまったり、そもそも支度に20分かかってしまったり、出がけにカギが見つからなかったりします。
家を出てからは、「不注意で電車の乗り継ぎを間違えた」などが発生します。

「料金が先払いで、10分以上の遅刻の場合は施術が受けられない、お金も返ってこない(チケット1枚消費など)」というのはよくありますが、こういうのが本当に苦手です。
泣きそうになりながら駅から走って場所まで向かい、ギリギリで間に合わず、情けなさに泣きながら帰った経験が何度もあります。(カウンセリング、ジム、資格試験など)

ADHDの一部に感覚過敏の人がいる。感覚過敏の多くは、痛みに弱い

ADHDの中には感覚が過敏で、痛みに弱い人がいるようです。
(僕自身は、痛みについては人並かなあと感じています。光が痛くて見られない、映画など大きい音で頭が痛くなる、匂いに酔って気持ち悪くなる、などの感覚過敏はあります。)

以前医療脱毛に行っていたことがありますが、感覚過敏の人は医療脱毛ができない人もいると思います。
(通い放題でしたが、ぼくは「予約をして、その時間に行く」ができなさ過ぎて、だんだん通わなくなりました。)

ADHDの視点から見たレビューはまだ少ない

このように、ADHDが脱毛サロンを検討する場合には、「ADHDだからこそ気になる」点がいくつかあります。

しかし、この視点から脱毛サロンのレビューをしている人はまだ少ない状況です。

ぼくがADHDの視点からレビューすることで、ADHDの人が脱毛サロンを検討するヒントになったらいいなと思いますし、
ADHDの人が精神的に疲弊することなく、脱毛サロンに通うことができたらと思うのです。

まとめ

  • サロン脱毛はADHDにおすすめ
  • しかし、ADHDがサロンに通うには壁もある
  • その視点からのレビューをお伝えしていきます

現在、ぼくのおすすめのサロンは元iCELLのRELACSです。
iCELLさんに行ったときのレビューはこちら。
痛くない・都度払いが可能など、ADHDにおすすめできるサロンです。