早起きチャレンジとオンライン朝活による変化 -体調編

おはようございます。
今日は月曜日。5時からひらめきラジオでした。

その中で、早起きと朝活についてのビフォーアフターが語られていました。

私にも大きな変化があったので、その中から生活に関する話を。

朝活を始める前と後の変化

朝活を始める前の私

朝活を始める前の私の1日はこんな感じでした。

  • 8時くらいに起床
  • 朝ご飯を食べると10時
  • ぼんやりしているとお昼過ぎ
  • なんとなく昼食を取る
  • そろそろ机に向かわないとやばい気がするので向かう
  • 特に集中せずに数時間経つ
  • 「寝不足だから捗らないんだな」と言い訳して昼寝(逃避)
  • 昼寝から起きると夕飯の時間になっている
  • 適当に夕飯を取る
  • このままでは何もせずに1日終わってしまうので机に向かう
  • ぼんやりして0時になる
  • なんとなく夜更かしをする
  • 現実逃避で更に夜更かしをする
  • 充実感がないまま4時位に就寝する

思い返してみると、かなりひどいなぁ。

現在の私

  • 5時か5時半に起床
  • 9時か10時まで文章を書く
  • 書いたものの手直しをしてお昼ごろになる
  • お腹が空いているのでしっかり昼食をとる
  • 昼食後はゆっくりする時間と決めているのでのんびりする(罪悪感はない)
  • 夕方にかけて好きなことや単純作業をする
  • 夕食をとったら翌日の朝活のために寝る支度を始める
  • 入浴して日次レビューを済ませ22時過ぎに就寝

「22時過ぎではなく21時半に寝たい」などまだまだ改善点がありますが、以前と比べると生産性は100倍位になったし(大げさではなく)、
日々の充実度が変わりました。

スポンサーリンク

なぜ早起きのみでここまで変わるのか

私が早起き&朝活を始めてすぐ感じたのは、「早朝からみんなで集まって過ごすことの充実感」でした。

目標もなく数年間過ごしていた私には、衝撃でした。

毎日を力なく過ごし、そのことで更に自己肯定感を低めていた私が、「これをやれば私もまともな人間になれる気がする!」と思いました。
(「まともな人間になる」の意味するところは今度書きます。「私が自分でOKを出してあげられる人間」ということです。)

小学生のとき、毎日次の日が来るのが楽しみだった頃のような気持ちを思い出しました。
もう一生味わうことはないだろうと思っていた「もっと何かをやりたい」と思う気持ちは、早起きをするだけで味わうことができました。

私はこの充実感を毎日味わいたいと思いました。
一日の生産性がこれだけ上がるなら、私も何かを成し得るかもしれないと感じました。

夜更かしをしなくなりました。
お酒を飲むと翌朝のパフォーマンスが下がるので飲まなくなりました。
カフェインとの付き合い方が変わりました。
睡眠時間に気をつけるようになりました。
食べた物でパフォーマンスが変わることに気づき、食事に気を遣うようになりました。
早く家に帰るようになりました。
「なんとなく参加しておいたほうがいいかな」と参加していた食事会には行かなくなりました。
別に好かれなくてもいい人に好かれようとしなくなりました。

朝の意志力のおかげで、ブログを書いたり、人と交流したり、物を作ったりしています。

自分の人生に主体的になりました。

早起きとオンライン朝活は人生を変える。
少なくとも私には、そうでした。

まとめ

  • 早起きと朝活で私は「人生が変わった」と言えるくらい
  • 早起きという「自分の大切にしたいもの」を守るために主体性が生まれる
  • 早起きとオンライン朝活はいいぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA