2023年6月、ブログデザインを変更しました。一部デザインが見づらい可能性がありますが順次修正していきます。

ブログ作業を外注したが、手順を間違えてリアルに泣いたので学びとして記録する

昨日、僕は駅のホームで泣きました。
30回くらい確認したブログに、大きな編集ミスがあったからです。

編集したのは僕で、公開ボタンを押したのも僕でした。

目次

編集ミスは「記事内に、あるべき画像が表示されていなかった」こと

▼「このように」と画像を参照させる文章を書いているのに、その下に画像がありません。友人に教えてもらって、はじめて気づきました。
ブログの記事のスクリーンショット。画像が表示されるべきところに表示されていない。

「いや、プレビューで確認したの?」って思いますよね。

なんと、30回以上やったんです。

しかも、画像がとっても大事、というか、画像がないと伝わらない文章だったので、めちゃくちゃへこみました。

ブログ作業を外注し、画像のリネームとアップロードをお願いしていた

WordPressでブログを書くには、本文を打つ以外にこんな作業があります で紹介した作業のうちの

  • 画像のファイル名を変更する
  • 画像をアップロードして、タイトルと代替テキストを書く

を、友人にお願いしていました。

しかも、既に設定してあった画像を、差し替えようと思っていました。

つまり、「自分で上げた、URLとタイトルがごちゃごちゃの画像A」を、「友人にURLとタイトルをつけてもらった、同じ画像A’」に、後から差し替えようとしていました。

いやー。今考えると、ミスが発生しそうな状況だなあ。

ミスが発生した原因は「画像をよく見ずに削除したこと」など複数あった

ミスが発生した原因は、考えてみればたくさんありました。
なんでこんなにいい加減に作業して、正しく表示できると思ったのでしょうか。

画像をよく確認せずに友人に送った

まず、友人に画像を渡すときに、iPhoneの写真アプリから共有しました。写真アプリ上では、画像は小さく、正方形でしか表示されません。

▼スマホだと、画像が全て正方形に表示されていて、小さいです。
iphoneで共有アルバムに入れる画像を選択している。1画面に20個ほどの画像が小さく表示されている

しかし、なんとなく同じころに撮影したスクリーンショットを1つずつタップして、友人に送ってしまいました。

「既に記事の中で使っているにも関わらず、友人に送らなかった画像」がありました。
この画像を、次の作業で削除してしまい、その後に差し替えが行われなかったため、完成した記事に写真がなかったのです。

既にWordPress上に置いていた画像を、よく確かめずに削除した

友人に画像のリネームを頼んでから、自分がWordPressに既に上げていた画像を削除しました。

「未使用」というものに絞ってから削除すればよかったのですが、
なんとなく見ながら、未使用と書いてあるものにチェックを入れてしまいました。

▼このように、絞り込み検索ができるのに、赤枠の(未使用)というところだけを見て、チェックをつけていました。WordPress内の未使用の画像のみを絞り込む機能を表示させている。画像ごとに、未使用の画像には「未使用」と書かれている

チェックのつけ漏らしてしまったり、記事内で使用しているものを消してしまったりしていました。

記事内の画像の差し替えを、ひとつずつ行った。全て削除してから、全て挿入しなおせばよかった

いったん画像を全て削除して、画像が全てなくなったことを確認してから、新しい画像を挿入していけばよかったなと思います。

記事を書いているエディタの中で、画像を削除して再び挿入する作業をしていきました。
画像を削除したり挿入したりすると、何行もを一度に削除したり追加したりすることになるので、正しく挿入しなおしていなかったところがありました。

Shift+F5でのリロードを何となく「キャッシュをクリアして再読み込み」だと思っていた。調べなかった。

ぼくは、よくWordPress上でテーマをいじります。
テーマをいじるというのは、例えばフォントを大きくするとか、見出しの字をもう少し大きくするとか、そういうことを「スタイルシート」というところに書くのです。

設定がうまくいったか確認するときに再読み込みをするのですが、通常の再読み込み(F5)ではスタイルシートを再読み込みしてくれません。
そこで、スタイルシートの内容も再読み込みするためにShift+F5という「強めの再読み込み」を使っていました。

今回も、画像を編集中に差し替えたため、確認をしたほうがいいという認識はありました。
そのため、「強めの再読み込み」を何回か使ってプレビューして確認しました。

しかし、これでは不十分でした。

Shift+F5を何度かやっても、プレビュー画面では、無いはずの画像がしっかり表示されてしまっていました。
そのため、大丈夫だと判断して、公開ボタンを押してしまったのです。

友人に指摘されたあと、WordPressのプラグインによるキャッシュクリアをしてからShift+F5で再読み込みしてみると、画像が何枚か、表示されていませんでした。

再発を絶対に防ぐ!同じ画像のアップロードは1回だけ!送る画像はブラウザで確認!

自分のせいなのですが、あまりに悲しかったので、絶対に再発はさせないぞと決めました。

具体的には、以下!

「自分でアップロードしたのと同じ画像を、友人にも名前をかえてアップロードしてもらい、後からさしかえる」作業はしない! アップロードは1回のみ!

後からさしかえていくのは、注意深くない僕には向いてないなとわかりました。
もうやりません。

「僕がリネームしてアップロードしてしまう」か、「自分ではアップロードせずに、友人にリネームを頼んでアップロードしてもらう」のいずれかにします。

同じ画像がWordPressのメディアファイルに2つある状態では、今後もミスを起こしやすいと思いました。

「画面全体をキャプチャ」した場合は、すぐにiPhoneでトリミングする

PCの画面全体をキャプチャすると、PC上でサムネイルを見ると、何のキャプチャなのか全然わかりません。

▼青い四角で囲った6枚は、全てデスクトップ全体のキャプチャです。何を記録したくて撮ったキャプチャなのか、目を凝らしてもわかりません。
それにくらべて、トリミングしたものは、字が読めて、何をキャプチャしたのか思い出しやすいです。
いくつかの画像が並べてあり、デスクトップ全体のキャプチャ6枚に青い四角でしるしをつけている

キャプチャをどんどん撮って、あとで編集しようとするのではなく、
スクリーン全体をキャプチャした場合は、その場でトリミングをするようにします。

画像をリネームしてもらうためにファイルを共有するときは、ブラウザ上のiCloudで選択する!

iCloud上の共有アルバムに、リネームをお願いする画像を追加するのですが、その作業は必ずPCからやることにします。

▼iPhoneからは小さく正方形で見づらい
iphoneで共有アルバムに入れる画像を選択している。1画面に20個ほどの画像が小さく表示されている

▼PC上では選びやすいです。(しかし右下の画面全体のキャプチャはやはり見づらい)
PCのブラウザでiCloudを開き、共有アルバムに入れる画像を選択しているところ

▼iPadはiPhoneより少し良いですが、PCから選ぶほうが安全そう
ipadから共有アルバムに入れる画像を選択しているところ。20枚ほどの画像が表示されている

また、共有アルバムへの追加を1度でおわらせようとすると、「これもかな?これも入れとくか!」とついいい加減になってしまいます。
心の余裕をもって、拡大表示での確認も挟みながら、何回かかけて共有アルバムに追加しようと思います。

泣くほど悲しかったけど、学びはあった

時間をかけて書き、なんども確認した記事だったので、めちゃめちゃにへこみましたが、
(まあ、その割には画像の挿入に関してずさんだったのですが)
「絶対もう同じことを起こしたくない」と思えるほどの失敗だったので、1回これがあってよかったなという気がします。

「一度僕が仮の画像を挿入した状態で記事を書き、友人にそれを見ながらリネームしてもらう」という作業方法にすれば効率がいいかなあ、と考えていたところでした。
友人に即座に「あのやり方はやめよう」と提案しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次