イヤーマフX4A (3M) デビュー!ノイズキャンセリングヘッドホンとの使い分けかた-聴覚過敏によるイヤーマフレビュー-

イヤーマフX4Aの全体像。蛍光グリーンの部分をビニールテープや油性マーカーで黒くしてある

聴覚過敏のかおるんです。

ついに、イヤーマフを購入しました! 3M PELTOR X4Aです。

音響のよい映画館で映画を見たかったため、耳栓のみでは防御が不十分なので、イヤーマフと耳栓を併用しようと考えました。

イヤーマフを購入するまでには、耳栓に凝ってみたり、ノイズキャンセリングヘッドホンも購入していて、今後もこれらと併用していくつもりでいます。

まずは、イヤーマフX4Aの商品紹介とレビューをメモしておきたいと思います。

イヤーマフ 3M X4Aの商品紹介

X4Aは、現在日本で入手できるイヤーマフの中でも信頼性の高い3M社のイヤーマフで、その中でも「コンパクトさと遮音性の高さを併せ持つ、ハイスペックなモデル」です。

遮音性能を表すNRR値は27。
モルデックス等の耳栓より低い値ですが、イヤーマフには以下のようなメリットがあります。

  • 耳栓は、耳の穴に入らない部分が多いと、仕様どおりの遮音性能が得られない
  • イヤーマフの内側に耳栓をつけて、ダブルで遮音できる(NRR値は純粋に足し算はできないが)

3Mのイヤーマフのうち、手に入りやすい(たとえば東急ハンズ新宿店などの実店舗で試着・購入できる)ものは、

の5種。

これらを比較すると、以下のようになります。
写真の、耳当ての厚みも見比べられるようにしました。

遮音性能(NRR値) 大きさ・重さ
X1A
H510-AK

22dB
21dB
(ヘッドホンと大差ない)
小さい・軽い
X3A 28dB X5Aに準じる大きさ・重さ
X4A 27dB X1Aより大きいが、
X3Aより遥かに小さい
X5A 31dB 日常持ち歩くには向かない

遮音性能のわりに値段が高いですが、日常的に持ち歩きを考えるとX4Aはコスパが良いイヤーマフです。

ちなみにX4AはAmazonで買えば5000円弱で、店頭価格6618円より1500円以上安いです。
ぼくは試着した翌日に映画に行く予定だったため、店頭で購入しました…!(涙)

3M X4Aは東急ハンズ新宿店で試着して4種類の中から選びました。

X4Aは、実店舗である東急ハンズ新宿店で購入しました。
イヤーマフが4種も試着用に並んでいるのは、知る限り東急ハンズ新宿店のみです。

店頭にあったものを全て試着しました。

遮音性能順では、 X5A > X3A ≒ X4A > H510-AK
ゴツさ(大きさ・重さ)もこの順では、X5A > X3A >> X4A > H510-AK

という感じ。順番は同じですが、性能はX3AとX4Aの差があまりないのに、大きさではX4Aのほうがかなりコンパクトです。

  • X5A …性能はいいが、ゴツく、大きい。どうやって持ち運びするの? 入るカバンあるかな? って感じで却下。
  • H510-AK(キッズ用) …遮音性能が低い。ヘッド部分が小さく作られているため耳の上あたりが強く押されるような感じで少し痛い
  • X3A …X4Aと遮音性能は大して変わらないのに、X4Aよりかなり大きく、X5Aと大差ないくらい。これを持ち運ぶことはないなぁと思って却下
  • X4A …強い圧迫感があり、遮音性能もX3Aより低いです(実感できるほど)。しかし、X4Aなら普段使っているリュックに入りそうだったので、X4Aを購入することにしました。

映画館で目立たなくするため・目にやさしい色にするためにビニールテープを貼りました

ビニールテープなら、曲面にも伸ばして貼れる!

イヤーマフ3M PELTOR X4Aの全体が見えるように撮った写真。蛍光グリーンと黒のツートンカラー。

うちに来た瞬間のX4Aはこんな感じ。
箱はすぐに捨ててしまいました。

この写真で見ると分かりづらいかもしれませんが、黄緑色の部分が蛍光色で、蛍光灯の下では境目が目に痛かったため、黒のビニールテープを貼ることにしました。
特に店頭では、蛍光色がきつく光って見えました。

▼白いフチにそって1周巻いたところ。これだけでも大部分が隠れる。
イヤーマフX4Aに黒いビニールテープを貼った写真。蛍光グリーンの部分の大半が隠されている。

出っ張り等のテープが貼りにくい部分をマッキーで塗ってみた

こうなると、ヘアバンド部分をひっかける突起(上の写真で緑色に残っている○の部分)も消してしまったほうが、シックでかっこいい気がしてきたので、マッキーで塗りました

イヤーマフX4A、ヘッドバンド部分を引っ掻けるための円い出っ張りが黒く塗りつぶされている

パッと見ただけでは、マッキーで塗ったとは分からないくらいです。

手の脂で剥げてきそうなので、フィギュアに色を塗るときの、仕上げ用のつや消しでも吹いておこうかな。

映画を見てきたときの聞こえ方や、ノイズキャンセリングヘッドホンとの比較や使い分けについて、今後書いていく予定です。