カスタムドール(球体関節人形) ドールのアイを種類ごとに紹介する

ドールアイの種類を、ネットで購入できる店舗とともに紹介します。

材料は大きく分けてガラスと合成樹脂です。

ガラスアイ

ガラスのアイにはひとつひとつ手で作ったものと機械で作ったものがあります。
口で息を吹き込んで手作りしているものは、高価です。

見た目が主に2種類。

  • リアリスティックアイ…普通の人間の目に近いもの
  • アニメアイ…アニメのキャラクターのような瞳

売っているお店は、ボークス、SEN、DOLLCE、ドルクステーション、MIYABI GLASS STUDIOなどがあります。

一つずつ紹介します。

ボークス

https://www.volks.co.jp/hobbytengoku/

スーパードルフィーなどで有名なボークスです。
>> Super Dollfie .net

基本的にガラスアイを販売しています。

手作りのものと機械で作られたものがあり、
また実店舗にしかないものもあります。
またスーパードルフィーなどを1人丸ごとお迎えするときにしか手に入れられないアイもあります。

SEN

http://www.from-sen.com/

グラスアイの取り扱いがあります。
実際の店舗で見て購入することもできます。

DOLLCE

http://doll.shop-pro.jp/

こちらも、秋葉原の店舗に行ったことがあります。
眼球がやや大きめの印象を受けます。

MIYABI GLASS STUDIO

http://miyabiglasseye.com/

独自の制作方法によるオリジナルのアイです。
瞳に入っている線がすっごくきれいです。

いいお値段です……。

ドルクステーション

http://dolk.jp/

通販サイトですが、秋葉原などにお店もあります。
ガラスアイの種類がたくさんあります。

人形制作材料のお店 さんみーみ

http://sunmiemi.jp

オリジナルのアイも種類は多くないですが販売されています。

亜古人形店(アコドールズ)

http://www.acodolls.com/

グラスアイも販売されていますが実際の店舗(北海道)でのみの取り扱いです。
(アクリルアイは通販でも販売があります。)

スポンサーリンク

アクリルアイ

アクリルアイは色の種類が豊富なことと安価なことが特徴です。

こちらもお店ごとに紹介します。

スマートドール

https://shop.smartdoll.jp/collections/smart-doll

練り消しのようなものでつけるタイプの瞳で、アクリル製のものです。
スマートドールではブルータックで固定するのが標準のようです。

PARABOX

http://www.parabox.jp/

PARABOXは基本的にアクリル製アイを販売しています。

リアリスティックアイとアニメアイがあります。
またキャンディーアイと言われる猫目のアイも販売されています。

PARABOXで販売されているヘッドには初めからアイがはめ込めるようになっています。

ドルクステーション

http://dolk.jp/

先ほどグラスアイの方で紹介しましたがアクリルアイもたくさんの種類があります。

シリコンアイ

作り手によって品質に差があるイメージがあります。

あまり劣化しない高級なものはとても高価です。

eyedia-shop

https://dolleye.shopselect.net/

とても高価です。が、とても細かくて綺麗です。

ドルクステーション内でも購入することができます。

スポンサーリンク

その他特殊なもの、描き目

ブライス

プライスのアイは瞳の色を変えられるオリジナルのものです。
個人で作っている方もいてたくさん販売されています。

スリーピーアイ

横になると目を閉じるタイプのアイです。
つけまつげをつけるのがオススメです。

描き目

人が一つ一つ手で描いているものはとても高価です。

デカール

描き目のようなアイをシールを貼るだけで作ることができます。

ドールにアイをつけるときのアイテム

最後に、ドールにアイをつけるときのアイテムを紹介します。

ひっつき虫

ブルー・タック

瞳パテ

スーパードルフィーたちはこの瞳パテでつけるようになっています。
上の二つで代用している人もいるようです。

https://www.volks.co.jp/page_ex.jsp?CONTROLID=SC0040&BUSINESSID=InitDisp&jancd=4518992801681

 

私が知っている限りの、ドールのアイの取り扱い店を紹介しました。
理想のアイに出会えますように!

こちらの記事では、「大きさによる違い」「アイ(目)による違い」に着目して、ドールの種類を解説しました。
>>ドール(球体関節人形)にはどんな種類があるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA