作業時間を減らしても作業量が増えたたった一つの理由

こんにちは! かほです。

最近、あることのために作業時間を減らし、そのために作業効率が上がっています。
結果的にこなせる仕事は増えました。

今日はそのおはなし。

たった一つのこと、それは睡眠

ちゃんと寝る。気を付けているのはこれだけです。

今までは睡眠を6~6.5時間取っていたのですが、最近7.5~8時間くらい寝るようにしました。

朝活にハマりすぎて睡眠不足になった

原因は、「オンライン朝活にハマりすぎたこと」だと思っています。

「オンライン朝活」とは、ライフエンジンの活動のひとつ。

みんなで5:00くらいからZOOMというSkypeのようなオンライン通話ツールに集まってそれぞれ作業をするというもの。

これが生産性がものすごく良くて、自己肯定感はアップし、人生がイージーモードになるとすら言えるような最高の活動なのです。

 

しかし朝活には難点がひとつだけあります。

それは睡眠不足になりがちだということ。

朝5時に起きるとすると、22時までに就寝しなければ睡眠時間は7時間を切ってしまいます。

でも、朝活は楽しくて気分がいいので、睡眠不足であることになかなか気づけません。

スポンサーリンク

20時半から8時まで寝てわかったこと

先日、とっても眠かったので、20時半に寝てしまいました。
さらに、目覚ましをかけ忘れたので、起きたら8時でした。

しかし、起きてみて頭の中がスッキリしていることに驚きました。

 

中学生の頃に、長い時間寝たあとに頭が痛くなってしまうことがありました。
そのため睡眠時間が長すぎることはよくないと思っていました。

今考えると、あの頃は睡眠負債も少なく、必要な睡眠時間も今とは違っていたと思います。

必要な睡眠時間は、人生のそれぞれのステージで異なるものなのかもしれません。

その後も睡眠時間に気を付けています

睡眠負債を返済したあとの心地のよさが忘れられなかったので、最近では「起きる時間」よりも睡眠時間に気を付けています。

たとえ朝活の時間が少し短くなったとしても、睡眠時間を確保することを優先するようにしました。

以前は自分のことを6時間睡眠くらいで足りると思っていましたが、最近では7時間半から8時間の睡眠をとることにしています。

長いあいだ自分のことを短眠型だと思っていたのですが、 実はそうではなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

次の課題は睡眠の質と早寝

今後の課題は、睡眠時間を削らずに早起きできるようになることです。

そのためには

  • 早く就寝すること
  • 睡眠の質を上げること

が必要になってきます。

これは、朝活の楽しさと充実感を知っている私にはそんなに難しくないように思います。

 

まとめと後記

  • 朝活最高
  • 早起きは睡眠不足に注意
  • 「寝不足じゃない状態」の頭のスッキリ感はすごい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA