プロシオンM(中字) を買ったのでレビュー!細字と比較も。プラチナ万年筆

先日、プロシオンF(細字)を購入し、 >> プロシオンFレビュー ステンレスニブで金ペンの書き味!
さらに、6か月経ったレビューを書きました。
>>プロシオンFを購入して6ヶ月経ったレビュー

そんなわけで、どうしても欲しくなってプロシオンM(中字)を購入してきましたので、ご紹介したいと思います。

購入した理由

プロシオンFを使用していて、持ちやすさ、字を書く時の疲れなさに驚いたからです。
はじめは「少し重いかな」と思っていましたが、その重さがとてもよいのです。安定します。

万年筆初心者だった自分が、万年筆らしい(筆圧をかけない、ボールペン等より少し寝かせた)持ち方に慣れることができたのは、プロシオンのおかげです。

当初は手帳などにも書き込めるようにと細字を購入しましたが、こんなに書きやすいなら長時間ノートに字を書くときにも使いたいと思うようになりました。

また、大好きなこの万年筆で、インクの濃淡をもっと楽しんでみたいと思いました。

ボディカラー

前回のFはパーシモンオレンジ、今回はターコイズブルーにしました。

両方ともマットな手触りで、近くで見ると少しキラキラして見えます。
指紋が気にならないのもよいところ! (白のみ、陶器のようなつるつるの表面なので気になるかも)

ありそうでなかなかない、しゃれた色味です。

書き心地

細字を購入したとき「ぬるぬる」と表現しましたが、中字と比べると「サラサラ」だったかなと思います。

中字のほうが、ぬるぬるしています。

「ぬめぬめ」「ぬらぬら」というような重さはなく、紙の上を軽やかに滑ります。

本当にボディのバランスがよいので、筆圧を全くかけなくても大丈夫です。

ペン先がプレピーやプレジールより少し長く、薄いため、少し撓ります。
ひらがなも、漢字も、きもちよく書くことができます。

F(細字)とM(中字)との太さ比較

ともにプロシオン。左が中字、右が細字です。

お迎えしたプロシオンMは、お店にいた中で最もインクフローが良い子でした。
それも理由かもしれませんが、プロシオンのMは、プレジール中字やkakunoのMと比べるとほんの少し太いです。

したがって、A罫のノートに行を開けずに書く場合は、字がつぶれてしまうと思います。
1行飛ばしなら、大丈夫そう。

手帳にはもちろん中字は不向き。

ぼくは万年筆を使うときは、罫線は無視してのびのび書きます。こういうタイプの人は、中字のほうが楽しめると思います。
中字では、書き始めと書き終わりのインクの濃淡もしっかり出ます。

まとめ

  • プロシオンは持ちやすく書き味がなめらか
  • キャップがあけやすいのに、かわきにくい
  • ボディカラーが良い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA