うつで倒れた朝のこと。気分が落ちたわけでも死にたくなったわけでもなかった。

 

先日、この記事を読みました。

「こころの病気かな?」と思ったらすぐ行動を! 産業医に相談、または精神科へ。
https://at-jinji.jp/blog/9336/

うつは初期の対処がとても大切だと書いてあり、その中に
急に動けなくなったり
とありました。

私がうつになったときも、急に動けなくなったのです。
これだーーーと思い、実例のひとつとしてシェアします。

重力が突然10倍になった朝のこと

Xデーの前日まで、わたしは楽しく学生生活を送っていました。とても忙しかったですし、周囲に期待されて応えなければと頑張っていました。充実した生活をしていました。

そんなある朝。
目覚まし時計が鳴り、手を伸ばして止め、ベッドから身体を起こ……起き上がれない!

布団が重たい。
上体が起こせない。

何故だろう、困ったなあと思いました。
学校に行きたいのに、授業を受けたいのに、勉強をしなくちゃいけないのに

この時、自分がメンタルの病気だなんて微塵も思っていませんでした。

お昼近くまで、何故か起こせない自分の身体と闘っていました。

 

何をするにもとても時間がかかる

お昼前には重力との格闘に勝利し、ベッドから出ました。

熱を出したとき以外で遅刻するのは、初めての経験でした。
(それまでは、微熱でも根性で学校に行くような生徒でした。)

午前中の授業に出られなかったなあ、あとで自習で追いつかなきゃ、と思いながら、お風呂場へ。

タオルを一枚選ぶのに、5分くらい考えこみました。
どれだって一緒なんです。色の違いくらいしかないんです。
(いつもは何も考えずに1秒くらいで取っていました。)

シャワーを終えて、着替えるものを選びます。
これにはたしか2時間くらいかかりました
着るものを選んでから、着替えるまでに1時間くらいかかりました。結局、外出できたのは16時くらいでした。

母が朝早くから外出していて、17時くらいに帰ってくるはずだったので、それまでに出かけられてよかったと思いました。
授業は最後のコマだけ出ました。

 

翌日、出かけられたのは18時でした

翌朝も、やっぱり重力が10倍でした。
結局出かけられたのは18時くらい。
母が帰宅するより前に出かけることができ、心配をかけずに済んでよかったと思いました。

学校に行っても授業は全て終わっている時間でしたが、「授業に出ていないぶん自習しなくちゃ」と思い、カフェに行って自習して23時くらいに帰宅しました。

 

3日目、母が昼過ぎに帰ってくる

重力10倍の不思議体験が始まった翌々日、やっぱり起き上がれませんでした

この日は、母が昼過ぎに帰ってくる日でした。
10時くらいに「こりゃー、母が帰宅するまでに出かけるのは無理だな」と悟りました。

とりあえず学校の事務室に電話をかけました。

「ここ2~3日、何故か身体が動かず、学校に行けていないため、授業に出られていない。どうしたらいいか」と。

この「どうしたらいいか」は、「根性でなんとか勉強はするが、出席が足りないかもしれない。しかし授業に出られないのはサボリではなく、身体が何故か動かせないから。出席が足りない分を何かで補うことはできないか」という意味でした。

すると、
「今日の15時から学校に来られるか。医務室に医者が来ている日なので診察を受けられる」
と言われました。

そこで初めて、母に

  • 昨日と一昨日は実は授業には出られていない
  • 何故か分からないが身体が動かない
  • 学校に連絡したところ15時に来られないかと言われた

とメールを送りました。

母が一緒に学校に行ってくれることになりました。

 

「いつ自殺してもおかしくない」

帰宅した母と一緒に学校へ向かいました。

診察室には一人で入り、チェックシートを2枚やりました。
医師の質問にいくつか答えました。

診察室に母が呼ばれ、医師に
「うつ病ですね。いつ自殺してもおかしくないです」
と言われました。

「はぁ~~~~~~?!」
って思いました。

当時の私はうつ病を理解していなかったので、
「死にたい」とかツイートもしないし、自傷行為もしていないのに、なんで私がうつ病なの?!って思いました。

しかし、続けて医師に
「休んでください。学校に通い続けることに、医師としてOKは出せません」
と言われ、

「たしかに、重力との戦いにも疲れてきた。明日から戦わなくていいなら、少しお休みしよう」と思い至りました。

スポンサーリンク

「勉強が楽しい」と「勉強しなくちゃ」は違う

私は、うつ病というのは「勉強がつまらないなぁ」と思うようになる(ような)病気だと思っていました。

Xデーまで一度も「勉強がつまらないなあ」とは感じたことはありませんでした。

しかし、「最近いつ、勉強が楽しいと思ったかなあ」と考えてみると、思い出せませんでした。少なくとも2~3か月は、「勉強しなくちゃ」「がんばらなくちゃ」と思っていただけで、「楽しい」とは感じていなかったと思います。

「いま、勉強は楽しいと感じますか?」と問われたら、感じていないと答えるしかなかったです。

 

顛末

いわゆる「うつ病らしい症状」もこのあと出ました。5年以上戦いました。

脳の傾向がわかり、ストラテラというADHDの薬を飲み始めたくらいから、だんだんよくなりました。
「最近いつ”死にたい”って思ったかなぁ」と考えても、もう思い出せません。

先日、別の検査で、久々にうつのチェックテストを受けました。
医師に
「精神的にはとても元気ですね」
と言われて、すっごくうれしかったです!

 

まとめ

  • 精神的に憂鬱だという自覚がなくても、うつ病ということはある
  • 身体が重すぎて動かせないとか、判断力が鈍るとか
  • 「楽しいか楽しくないか」すら考えられなくなる
  • この記事と同じような症状が出たら病院へ!

闘病した経験から記事を書き足しました。

>>うつ病で気絶することはあるのか?―ストレスで失神した朝のこと。

 

2 Comments

べっぷ

わたしも学校へ通っていて、
ある日本当に行けなかった日がありました。
わたしの場合は前日にそれがなんとなく分かっていて
いかないと決め込んでいたわけですけれども。

長い間闘病お疲れ様でした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA